しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マンションのユニットバス。お風呂を拡げたり、給湯器を変えたり。
今回のこちらのお部屋は、
もともと結構きれいなお風呂が入っておりました。

P1001317.jpg


そもそも、今回は、お風呂をできれば広げようとしており、
この図面のユニットバスの上部分
ぐりぐりべふぉ - コピー (2)
なんか、ちょっと隙間みたいのありますよね








そうそう、そこそこ
そこを利用して
ぐりぐりなふ - コピー (2)

こうしよう思ったんですが、
いざ、解体してみると、
P1002083.jpg
マンションの共用部分であり、壊してはならない縦管が出てきまして、
大きくすることはあえなく断念





…っていうか、久しぶりに図面見たら、
トイレの位置変わってますね





それはおいておいて、
工事着工前に、ユニットの天井からのぞき、
こういう配管がないか確認をするのですが、
IMG_0762.jpg
見えないことも多々あります。
竣工図面も見ることができなかったので、
最終的に開けてみて、となってしまいました。







まあともかくお風呂の拡張は諦め、
DSC_7045.jpg
アクセントパネルの入った新品に交換しました。





それともうひとつ。
こちらにはパックインタイプと呼ばれる給湯器が
P1001322.jpg

入っていたんですが、
P1001317.jpg
ここですね

現在、使い始めてからちょうど10年。
もうしばらくはいけるでしょうが、
一応メーカー曰く
給湯器の使用期間の目安
保証期間としては1~2年。
標準使用期間としては10年前後。
15年もったら頑張った方かな、というのが実際のところです。






このパックインを変えようとすると、
当然のことながら手前の浴槽を外すことになります。
給湯器の交換工事なのに、
浴槽解体工事が入ってきます
さらに言えば、ここが結構重要なんですが、
このパックイン式の給湯器を付けることができるユニットバスは、
ひっ常~に限られます。
私の知っているのは1機種だけ
その1機種にすると、選べる範囲が極小になっちゃいます。




施主さんも働いていらっしゃるので、
そんな時間はすぐに取れるかどうかわからない。
しかもこのパックイン式というのは、
取引量が少ないので、割高である。ということで…

もともと空いていたこの穴を利用して、
IMG_2598.jpg
メーターボックス内に給湯器を設置させていただきました。
幸いきちんと空気が入ってくる等の条件もクリアしていたようで、
外部から作業ができる場所に設置することができました





この工事はしなくてもいい工事だったんですが、
解体後、やっておいた方がいいだろう工事、ということで、
提案させていただきました。プラス50万円ほどかかっています。
向こう10年スパンで考えたときには正解だったと思います。

よくリノベーションは
「解体後に分かったものによって金額があがるのが不安
といった声や記事を見聞きしますが、
マンションの場合は、それらを見越して準備していますんで、
問題があってその分純増、ということはあまりありません。
ただ、今回のように、空けてみて、検討してみて、
いわば将来のための投資として、
このタイミングで追加工事をすることをお勧めすることはあります。


イレギュラーの場合の追加金額とは、
全く違うお金のかけかたです
弊社の場合、きちんとした現場監督がついておりますので、
この辺りのケアをさせていただけています。
…言ってみれば別に当初決まっていたとおりに
パックインのまま、選定していたUBのまま、
でいった方が、工事としてはラクでしたからね



ここでひと手間かけることで、
向こう10年がだいぶ楽に住んでいただけるハズ。
私としてはできるかぎりそんな仕事をしたいと
思っている次第です


【2014/06/03 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ホームインスペクションイベントがあります!@TOTO梅田 8月24(日) | ホーム | 大阪市港区弁天町の洋食屋さん『グリルみやこ』のひと部屋が空きました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lifedesigncreater.blog64.fc2.com/tb.php/764-8dd87b96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。