しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
宝塚第壱コーポラスの歌劇リフォーム その⑥天井高をより高く。
2m10センチ~20センチ程度。
非常に天井の低い部屋でした。
P1000742.jpg

「居室」として認められる天井高が、
原則210センチ以上、ということを考えても、
いかに低いかがお分かりいただけるかと
言ってしまえば、ギリギリ居室、です



ちなみに最近の新築マンションであれば250センチほどが標準かと。
40センチの違いはすさまじく、
入った瞬間に、誰もが




「低っ





と言ってしまうほどの低さでした。










リノベーションで天井高は上がるか








正解は、上がることもあれば上がらないこともある、ですが、
大抵の場合は上がります。
ただそれが数センチなのか、30センチなのかは
ケースバイケース。

今回は解体すると、鉄骨造の“コーポラスシリーズ”らしく、

PA302235.jpg



ブレースが出て参りました

このブレースというのは、
言ってみれば、木造戸建の筋交いに
DSC_1149.jpg

当たります。撤去不可。
撤去は不可ですが、
見せてしまうのはいいだろう、
塗ってしまうのはいいだろう、
DSC_3110.jpg
ということで
ブレースむき出しの部屋と


DSC_3113_20130315162231.jpg
なりました。
運良く、というか予想通りではありましたが、
居室入ってすぐの天井は非常にすっきりとしていて、
うまいこと天井を上げることができました。
そういえばちゃんと測っていませんが、
概ね30センチほどは上げられたかと。










ただ、居室部分に入ってすぐの
上記写真部分は上げられましたが、
窓際の天井については、以前と同じく
DSC_3115.jpg
低いままです。

この部分のビフォーはこんな感じ。
PA302207.jpg

ブレースだけでなく、梁、ガス管なども通り、
ここを上げようとしても
相当デコボコとなるため、断念
低いままです。










とは言え、人間の感覚とは不思議なもので、
入ってすぐの天井が高く、
大きな窓が遠くに抜けているため、
奥の天井高など気になりませんでした。

この辺の決定は解体後。
施主様を交えながら現地で打ち合わせをして決めていきます










と、いうことと、天井高にまつわるポイントがもうひとつ。
以前も書いたことがありますが、続きは次回。









【2013/03/15 16:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宝塚の歌劇なリフォーム。天井高を生み出さす。その⑦ | ホーム | 箕面リリーヴィレッジのリフォーム完成披露会です。予約制です。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lifedesigncreater.blog64.fc2.com/tb.php/719-b4121cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。