FC2ブログ
しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
宝塚の戸建リノベーション@宝塚南口駅
まずは物件についての概要を。

201103241456002.jpg

昭和53年築ですので、
私とだいたい同年齢
重ねた歳月は気付けば34年。
来年には四捨五入でアラフォーに突入します。



土地約200㎡、建物延べで約115㎡。
不動産価格で約3,000万円、
リノベーション価格で約2,500万円。
太陽光発電200万円が含まれております





201103241442000.jpg



当初はこのエリアで土地購入+注文住宅
を検討されてました















しかし、ちなみに「これっ!」
と思う土地など、そうは出てきません
私も不動産営業を5年ほどしましたので身に染みて分かります。
どこでもいいならありますが、
エリアを限定、
しかも山ノ手人気エリア限定
などとノタモウてると、すぐに5~10年経ちます




実際、中古マンションはいわゆる不動産市場に“流通”しますが、
土地はほとんど流通しません
土地を売る際、譲渡する際、
めぐってくる順番は、概ねこんな感じかと。

①親族
②相続がらみで銀行など(ここはあまり自信無し)
もしくは破産からみで競売
③ご近所さん。特にお隣さん
④工務店・ビルダー(事業用地)
⑤裏情報としての不動産屋
⑥一般不動産市場(不動産屋しか見れない)
⑦エンド向け不動産サイトなど

だいたいね、だいたい




当たり前ですが、要はできれば譲りたい相手を経て、
それがなければ、
できるだけ高く、すぐに買ってくれる人

最後に見知らぬあ・な・た








ですのでそう言ってはナンですが、
ウェブ、ましてや紙面のSUUMOに載っている土地情報など、
まずお気に召すことはありません
感覚的には、「これはなかなかの土地やな~」
というのが市場にこぼれてくるのは、
ひとつのエリアに年に1件ほど。
万一そんな土地に巡り合ったなら、
悩んでいる間などありません。
即決ですよ、即決





土地を見に行ってその場で買い付けを書くくらいの即決。
ですので、ときどき不動産チラシに書いてある、
「来場の際は印鑑をご持参ください」という文言は、
あながち間違いでは無いんですよ。





という中で、
やはりこちらの施主様もなかなか土地が見つからず、
拡げた選択肢が中古戸建×リノベーション
そんな経緯を経ての、
まずは不動産との出会いでした。



続く。


【2012/04/17 20:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<LIXILって知ってる?ハウス。 | ホーム | 宝塚南口の戸建リノベーションその2 目次編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lifedesigncreater.blog64.fc2.com/tb.php/677-4064d5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。