しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
中古×リフォーム@小林その⑨  洗面室とかドアとか。
という訳で、9回に渡って書いて参りました、
宝塚は小林のマンションリノベーション。
最後の今回は、その他もろもろ



洗面台。
DSC_9878.jpg
洗面室は「雑誌で見た感じに」というご希望を、
可能な限り忠実に再現しました



ただ、おそらく雑誌では本物の木であっただろう、
ボウルの置いてある机部分については、
メラミンシート貼りの板としました
DSC_9876.jpg
本物で造ることもありますが、
どうしても傷んできますので…、ね



最近は「できるだけ本物の素材を使って欲しい
という方が多いのですが、
大人だけならいいんですけどね~。
理想と現実の線引きをあるていどしておくのは、
決して妥協では無いと思います




お風呂はさして古くはありませんでしたが、
DSC_5225.jpg
「5年後に壊れて100万円
と言われてもたぶん無いし、
見た目もだいぶ古っぽいからいっそのこと
替えてしまいました。



ちなみに本日、弊社HPに事例集として更新しております。

弊社ホームページへ郷!




アンティークドアの向こうは
DSC_5210.jpg
黒板塗装を施したドア


最近よく使うようになりましたが、いいですよね
DSC_9890.jpg
部屋が引き締まって見えるので好きです





という感じのリノベーション、
いかがだったでしょうか??
また良ければご感想などお聞かせください





ウチの子供に使っていたベビーシートが壊れたため、



↑HPへ
こんな椅子を買おうかと画策しております。
どんなんがいいのでしょうか??


スポンサーサイト
【2012/01/16 22:57】 | 現場実況中継H23年5月~ ワコーレ宝塚小林 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
阪急今津線小林駅のマンション×リフォーム その8
今日は玄関からいってみます


玄関土間はもともと大理石だったこともあり、
土間は触らず、
P1000010.jpg


DSC_5146.jpg
玄関下足入れの扉のみを交換しました
まあ正味な話、もともとの扉と新しい扉、
どっちかが高いかと言えば、
もとの扉の方がやや高い
ただそこは好みの問題。
中古×リフォームらしいと言えばらしいチョイスなのかと



廊下の上は洋室とややつながり、
DSC_5232.jpg
透明のアクリルガラスが入っています。
手前の板は花台。
花を置くかどうかは別にして、
グリーンなどを置いてもらえると映えるかな~と思っています
イミテーションでもいいですしね。





正面に見えるドアは
DSC_9884.jpg

本物の木のドア+塗装仕上げ
施主さん(の友人)が塗られてます。
DSC_9886.jpg
右手は前も書きました(よね…)、
施主さん自ら仕入れた雑貨屋さんのドア。
アンティークです







ドアの向こうはトイレッツ
DSC_9882.jpg
カバーにカバ-されてよく見えない床は、
一見無垢フローリングのように見えて、
実はフロアタイル



将来的にこどもができて、
男の子なんてできようもんなら…
そんなご家庭はトイレに無垢材は辞めときましょうね。





どうせなら



こんな照明が欲しい。
…と言っても3,791円。
これ買えばよかった…



【2012/01/13 20:02】 | 現場実況中継H23年5月~ ワコーレ宝塚小林 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワコーレ宝塚小林マンションリノベその⑦ リビングとダイニングと。
続きましてリビングダイニングです




リビングとダイニングは、
リビングが
P1000022.jpg
リビングで
DSC_9851.jpg



リビングが
P1000021.jpg
リビングに
DSC_9866.jpg


なりまして、




ダイニングは
P1000017.jpg
ダイニングに
DSC_9860.jpg

なりました






3セット共ほぼ同じ角度から撮った写真
いや~、変わりましたね~
まだ築10年ほどの、
強いて言えば築浅マンション
「まだ新しいけど…」の邪念を振り払って造ると、
こんなにも劇的になるんです





個人的には図面上の
コピー ~ 和壊鼓アフター
トイレの左側の旧・和室スペース。新・リビングスペースは、
DSC_9868.jpg

将来的には第二の子供室にもなるかと思います。
主寝室、スペアルーム1室と、相当広いLDK。
将来的にはこのように子供室にも変更できるスペースがあれば、
極論生涯住んでもらえるのではないかと、
個人的には考えます



先日惜しくも亡くなられた柳宗理氏。



↑私の中での代表作はこのスプーン。
兄に結婚祝いとしてもらい、自宅で使っています。
多少高いですが、価値ありです





ちょっと話は変わりますが、
年末年始で帰省して参りました。
そう、日本の中のパリ、群馬県です
えらいシャッターの多いパリでした





分かってはいたんですが、
世間話をしていて、改めて気付かされましたが、
我々親世代とは完全に時代が変わりましたね



高校、大学の友人たちはほとんど働いていて、
結婚し、子供を交えて一緒に飲みましたが、
家周辺の幼馴染などになると一変、
就職も結婚も無く、
家にず~っと居る、という知人が多数居るようでした。





新しい家は建ってるものの、
既存の家の修理や建て替えはそうそう進まず、
30年後の実家周辺は、相当心配です。



弱いところから弱くなっていく、
というのは、万事共通。
地方の衰退に、ちょっとだけ日本の近未来を垣間見、
冷や汗を感じた年末年始でした
個人的には楽しかったんですけどね。





そう考えたときに、
住まいについても同様、
親世代と同じように考える訳にはいきません
そのうち暑苦しく書かせてもらいますが、
21世紀を担う我々は、
20世紀を造った親世代とは同じ住まい観
を持つ訳にはいきません。




住まいを買う側も、
提供する側も、この辺の意識を、しっかり変化させないと、
結構たいへんな30年後になると思います





【2012/01/12 14:50】 | 現場実況中継H23年5月~ ワコーレ宝塚小林 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワコーレ宝塚小林その⑥ ワークスペース
最近めっきり定番化してきているワークスペース
スマホがあろうがiPadがあろうが、
やはりパソコンをするスペースはもはや必須。



今回ももともとキッチンだったところを
コピー (3) ~ 和壊鼓ビフォー
本格的なワークスペースに変更しました
コピー (3) ~ 和壊鼓アフター


本格派
DSC_9816.jpg
以前も書きましたが、
今回のワークスペースは、
「ちょっと家計簿を…」なんていうぬるいものではなく、
「昨日も今日も明日も…。たぶん20年後も…
使い続けるであろう、
例え子供ができたとしても、
「お前は向こうで勉強せえ
となるであろう、
文字通りのワークスペース。そう、働く場所












…日本語と英語って違いますよね。
訳しちゃうと「そうじゃない」ことって結構ありますが、
これもそうですね



このスペース確保のために気を付けたのは、
リビングの片隅にあること、
且つ、ちょっと離れた感があること。
あとは暑すぎず寒すぎず…

DSC_9817.jpg
ガッツリ仕事をするのに、
あまり狭すぎてもやりにくい。
されど、離れた感を出すには、一定の独立感も欲しい。
この2つを満たすのは実は結構たいへんで、
こう見えて苦労して考えたポジションなんですよ
完全独立させたら空調届かんし





将来的には床がタイルになっているところと、
フローリングになっているところの間に
カーテンをすることになるかと







その部分はキッチンへ行くための廊下の役割と、
ワークスペースの椅子を引いて座るための余白の役割と
を兼ねています
2つの役割は、
本来廊下で最低70㎝、
椅子を引く部分で80㎝が基本。
足すと150㎝必要なのですが、
ここでは2つを兼ねさせることで120㎝に抑えました






30㎝、というのは、
プランを作っていくと分かるのですが、
とんでもなく大きな数字です
そんな大きな数字もプランによっては
産み出すことができる、
というつもりで造ったワークスペースなんです




ウォルナットの家具。




ウォルナットの突き板で、中身は桐材。
婚礼家具を造っていたところが、
どんどんこんなものを造り出してます。


きっとめちゃめちゃ安いんだと思いますよ。
89,000円。
【2012/01/09 17:57】 | 現場実況中継H23年5月~ ワコーレ宝塚小林 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小林のマンションリフォーム その⑤今年最後です

という訳でキッチンはこんな感じになりました。
DSC_9829.jpg
タイルは白と赤、ベージュを中心に、
ときどき黒を入れる、
というルールであるていど適当に


とは言え、30㎝角のタイルなんですが、
ほとんどが海外製
300㎜規格もあれば301㎜、302㎜もあり、
厚みも12㎜くらいが多いのですが、
ときどき11㎜だったり13だったりと。


このタイルも厚み、大きさともに1mmくらいの前後はしています




すぐ横のガラスブロックは、
実は列ごとに模様違い。
DSC_9835.jpg
ガスコンロはスタイリッシュブリンク+do、
という、実利と見た目が両方欲しい
欲張りさんに支持される逸品です



ほらほら、ガスコンロランク3位ですって



中途半端




ダッチオーブンも使える、ということで、
弊社社員の奥様も大満足

この写真左の人造大理石でオリジナルで造ったカウンターは
DSC_9839.jpg
ご主人が「いや~、実は私うどん打つんですよ~
だからそんなことが
ガツンとできるカウンターも欲しいんです~
という言葉を拾い過ぎて
私がこだわり過ぎ、
「いや清水さんすいません、
実は年に一回くらいなんです…
とやや恐縮させてしまった、という逸話を持ちます。





キッチン本体はサンウェーブ製。
DSC_9833.jpg
ただまあコンロはリンナイ、
レンジフードはアリアフィーナ、
食器洗い乾燥機はパナソニック、
水栓はグローエ。


知っている方が聞けば、相当驚く、
高額パーツばっかり使われております






まあそんなキッチンでした







今年は昨日で終わりでした
本当はおとといで終わりだったのですが、
まあいろいろあって昨日、
なぜかこのブログの更新は今日になってしまいました。
昨日は納会があって、
方針発表会議のようなものがあって、
来年は少し長めの休みを経て、
1月スタートは7日から




実質的には8日から
になるかもしれませんが…
しばらく携帯電話を含め、
つながらないことも多くあります。
ご了承ください





2011年、今年一年ありがとうございました。
実際に工事をさせていただいたお客様、
毎日欠かさず読んでくださった読者様、
週に一回くらい読もうとして、
長すぎるから何度も挫折された読者様
色んな方々がアクセスしてくださるおかげさまで、
私も折れそうになりながらも
折れることなく続けることができております。




おかげさまで書くネタには相変わらず困ることなく、
来年一年分はすでにストックとしてありますので、
よほどのことが無い限り、
つらつらと続いていくことと思います



それでは良い新年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします



【2011/12/30 17:45】 | 現場実況中継H23年5月~ ワコーレ宝塚小林 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。