しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
活断層、地震。
昨日記載した本を読んでいます。

先日ご購入いただいた物件の南側約100mのところに活断層が通っていて、
いたく不安に思われたため、調べることになりました。

参考:野島断層保存館の写真↓
野島断層写真

結論から言えば「そう心配する必要はない」でした。
活断層で起きる地震は直下型地震です。
これは海で起きるものと比べ、はるかに間隔が長いそうです。
ごくごく短いもので数百年周期、長いものなら10万年以上。
火災、空き巣、年金、メタボ…。
致死率100%の我々の持つ数々の心配の種と比較すれば、
この活断層に迷惑をかけられる可能性は限りなくゼロに近いようです。

ちなみに四川大地震を起こしたと言われる断層は、
6500万年以上も地震を起こしていなかった活断層とのこと。

日本の陸上にあると言われるのはわかっているだけで2000の断層。
海底にあるものは含まれていません。
そのうち政府が調べているのは約100個…。

そう考えると自然の脅威にさらされるのは必然と考え、
コントロールできるところをコントロールした方がよさそうですね。


地震についての色んな質問に答えていく形の本なのですが、
「地震が起きない国はありますか?」
という設問がありました。どう思われますか?

答えは、「地震が起きない国の方が多数派」だそうです。
アフリカ・ヨーロッパ大陸の大半、オーストラリア、北米南米はめったに
起きないそうです。(起きたことはあります)
そのような国は建築についてもめちゃめちゃ簡単に安く作るそうで、
ロシアやウルグアイでは「積み木の家を造るように」造ってしまうとのこと。

逆に言えば日本の耐震技術ってすごいんでしょうね。

ちなみに世界の地震の10%が日本で起きてます
マグニチュード6以上の大地震だけなら、22%が日本で起きてます
日本の陸地面積は地球表面の0.28%だそうで、
なんとも不公平な話です。
いずれにせよ日本に暮らすのであれば、地震との付き合いは避けられそうにないですね。
ハリケーンにたびたび襲われるアメリカ南部のように。


★ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。
スポンサーサイト
【2008/09/15 14:17】 | 地震について少々。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オープンハウスのご来場。
昨日、今日とオープンハウスの前半が終わりました。
初日は平日にもかかわらず、2日間で16組ほどのご来場をいただきました!!
ご来場いただいた方々ありがとうございました。

このブログを見て来てくださった方もいらっしゃり、
とても励みとなっています。この文章も読んでくだっさっているでしょうか。

また引き続き明日、明後日とオープンハウスは続きます。
詳細は1日前のブログをご参照ください。


先日戸建てを買われたお客様と話をしている中で、
避けては通れない耐震補強の話をしました。
その中で「この先どのくらいの確率で地震に見舞われる可能性があるのか?」
という会話になりました。
中国での四川大地震、日本でも昨年の新潟県中越沖地震、今年の岩手宮城内陸地震と
国内外で大きな被害が生まれています。
地震保険の加入者数も伸びていると聞きます。

恥ずかしながら今まで上司や知り合いの工務店さんに
建築における地震について対策や見解を聞いたことはありましたが、
きちんと本を読んで、ということがなかったため、
今回そんな資料がないかと探してみたところ、
ありました↓すぐありました。
地震の本の写真
「日本人が知りたい 地震の疑問66」 なんて分かりやすい、ベタなタイトルなんでしょう。
便利な時代ですね~。
ネットと大型書店があればほとんどの知識が得られるようになってしまいました。

今後のお客様との話に深みを持たせられるように、ひとつのネタとして、
ちょっと勉強してみます。

★ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。



【2008/09/13 23:55】 | 地震について少々。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。