しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
吹田は千里の団地リフォームその11 大規模修繕とセルフビルド

トリの話は地味な地味~な
工事がかちあったときの解決策と問題点


前々回ブログのように、今回の現場では、
①大規模修繕工事
②施主さんによるセルフビルド(主に床と壁の塗装工事)
③弊社工事
が行き交うことになりました




私は今までありませんが、
別の担当の現場では、
ごく稀にリフォーム業者が弊社ともう一社など、
複数社入ることがあります。





一番大きな注意点は何か


これは私が思うに、
「絶対に問題が起こる
という認識を全員が共有しておく、
ということに尽きるかと思います



一ヶ所現場の、一時期の工事現場に3者が入る
というのはどういうことかと言えば、
1回美容院に行って、
3人のスタイリストがかわるがわる髪を切る
ようなものです。

仕上がりのイメージも変われば、
使うハサミも変わります。
何かしらのズレが生じないはずがない
というのを大前提として進めていけるかどうか。
これが唯一最大の注意点でしょう



端的に言えば、
工事前に無かったはずの傷がついていた。
誰の責任か
マンション共用部分が汚れている。
誰が掃除するのか
極論共用部分の欠損や事故等が起きた。
誰の名義で、誰を責任者として工事申請を提出しているのか。
と、
責任の所在をはっきりさせることができない事象
が起こりえる訳ですね、これが
現場監督がいないのですから当然です。




これらを回避するためには、
工事中の写真を細かに撮っておく、
工事に入る会社(施主さん含む)が変わるたびに、
2者立ち会いのもとで現況・現場管理の確認
(傷の有無、工事車両置き場等のルールの確認々)
をしておく、
というのが具体的な手法となりますが…



あくまで枝葉の手法に過ぎません。
やはり一人の頭を3人で切るという、
イレギュラーを行っている
という認識を持ち、
問題が起きた場合は関係者全員で前向きかつ真摯に対処する、
というルールを敷いておくことに尽きます
それが無理なら絶対やったらだめ
ということでしょう。







という訳で、
やや硬派な締めとなった
吹田は千里の団地リノベーション。
今までの中でもかなり特別感のある
お住まいだったと思います







スポンサーサイト
【2011/09/09 18:47】 | 大阪千里桃山台のマンションリノベーション。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
吹田桃山台マンションリフォームその⑥ 寝室と和室
吹田のマンションリフォームも大詰。
今日が最後の寝室&和室です




コンセプトとしてはある意味大きなワンルームです。
桃山台のアフタ-図面

リビングの横は、
強化フィルム貼りの透明ガラスで
ひとつづきのイメージを持った
DSC_1190.jpg


★子どもが2人とも手足口病になりまして↓
ブログランキング用バナー



寝室
寝ながらでもTVが見れるような位置に
DSC_1195.jpg
ベッドがあります。



そんな寝室はもともと
201101111359000.jpg
普通のクローズの洋室。
解放感、というニュアンスに透明ガラスが持つ力は、
なみなみならぬものがございます



そのお隣の元和室は
201101111358002.jpg
実は腰高の窓から大阪市内が一望できる特等席
を解体し、
201101131514001.jpg
この築年(築約40年)ならではの、
相当の段差を乗り越え、
DSC_1167.jpg
ゴールイン

見ていただいて分かるように、
いわゆるリフォームですと表面材を
なぞるように替えるだけですが、
いまさらながらリノベーションの場合、
DSC_1175.jpg
根こそぎ新しくして、
いくぶんの住まい手のスパイスを投入。
全く違う空間へ
DSC_1172.jpg
刷新していきます。




という大阪は吹田市、
桃山台のマンションリノベーションでした




【2011/07/22 18:24】 | 大阪千里桃山台のマンションリノベーション。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
寒い寒いマンションの断熱工事。@吹田市桃山台 その④
いやぁ~、暑いですねー
毎日毎日ニュースの「今日の最高気温」地点で出てくるのは、
我が郷里の群馬県伊勢崎とか館林とか。


内陸で海が無いからなんでしょうか。
3方を山で囲まれているからなんでしょうか。
伊勢崎も館林もほぼ完全な平地のくせに、
めちゃめちゃ暑い…


もう15年も前の歴史のような話ですが、
私の高校球児時代は、
毎日39度くらいの中で練習しておりました



…まあ別にだからどうということはありませんが




★めまぐるしかった3連休はアポ8↓
ブログランキング用バナー



と言う中で今回は、
めちゃめちゃ寒いマンション、
群馬的に言えばクソさびーマンションの断熱。

初めてマンションに入ったのは
雪が振りそで振らないクリスマス
「風通しのために」ご丁寧に設置した玄関横の窓から
201012251635000.jpg
容赦無い冷気がcoming to town


トイレの結露を見ても分かるように、
せまいーきたないー
こちらにも冷気がcoming to town。
お風呂を出てリビング入る前に、
ヒートショックで倒れるんじゃなかろうか、
というくらい、ショッキングな寒さ
の玄関・トイレでした。



その解決のため、
トイレの壁面は一旦壊し、
断熱材を入れ直しました。
201101131513001.jpg


加えて、玄関横とトイレの窓はそれぞれ二重窓に変更。
DSC_1159.jpg
DSC_1146.jpg

これで相当暖かになるはず
まだ冬を過ごしていただいていないため
分かりませんが、
これでだめな場合は奥の手
そうせずとも済むよう祈っております




【2011/07/18 21:21】 | 大阪千里桃山台のマンションリノベーション。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
吹田のマンションリノベーション その③トイレ洗面浴室
引き続く吹田市桃山台のリフォーム。
ザーッと水回り設備です

洗面台が~
201101111357001.jpg

洗面台に~
DSC_1154.jpg
お風呂の水を使うなどのため、
洗濯機と位置交換しております


★3連休ももちろん仕事。↓
ブログランキング用バナー



一度リフォームをした形跡のあるお風呂は~
201101111357003.jpg

お風呂に~
DSC_1151.jpg

既存浴室を解体すると、
窓際になんと窓を発見結構珍しいです。
また後日書きますが、
こちらの部屋はめちゃめちゃ寒かったので、
おそらくリフォームで窓をふさいでしまったのでしょう。
温暖化しているとはいえ、
今回も寒かったので、
施主さんと相談の上、結局ふさいでしまいました





ものすごい強風にさらされ、
相当の結露をしていたトイレは~
201101111357004.jpg


トイレに~
DSC_1146.jpg

今回は10階を越える上層階
気温的な寒さだけでなく、
強風にさらされるからこその寒さに、
建物全体が打ち震えておりました


次回はそのあたりの対策を少々



【2011/07/15 19:00】 | 大阪千里桃山台のマンションリノベーション。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
吹田は桃山台の中古マンション×リフォーム その②
桃山台のマンションリノベーション。
いつも通りまずは図面から



ビフォー
桃山台のビフォー図面


アフター
桃山台のアフタ-図面


そう大きな間取り変更はしていません。
玄関横の和室を土間ウォークインクローゼットに替えたくらい





★今日はもう帰る日です↓
ブログランキング用バナー




土間はこんな感じに↓
土間図面
う~ん、図面ではちょっと分かりにくいですね~
図面というか画面では。


こうだったのが
201101111357000.jpg

畳上げてますが


こうなります。
DSC_1129.jpg
写真中央のクロスは、
木調に見えて本物の木のクロス
前担当者のG間君が間違えて、
「ちょっと高めのクロス」として積算していましたが、
このエリアだけで10万円とかそのくらいしました
着工後に判明したため、こちらで負担しております
G間め…



下の写真正面に靴入と鏡を。
DSC_1127.jpg
窓が上下に付いているので、
非常に明るい玄関土間になりました


「土間は合理的か」と聞かれれば、
DSC_1139.jpg
決して合理的ではないと思います
収納にしてしまった方が合理的でしょう
ただ贅沢ですよね~、豊かですよね~



そうゆう意味で、土間っていいと思います





【2011/07/12 12:40】 | 大阪千里桃山台のマンションリノベーション。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。