しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
続々:宝塚の戸建リフォーム。屋根裏換気扇の設置。結露と熱気の撃退。
という訳で、
前回、前々回お伝えした、
屋根裏換気扇設置工事の模様の最後を。

こんな仕組みだ

全く空気の逃げ道の無い屋根裏に、
どのようにして逃げ道を造ったか、です




★娘がベッドから落ちました↓
ブログランキング用バナー




こうやって造りました。
201106141002000.jpg
できるだけ部屋の隅っこの屋根と壁に穴を開け、
(天井に木が見えているところは当然避け、)

201106141005000.jpg


やや強引ですが空気の道を
201106140933000.jpg

201106141226000.jpg
造りました


外側にはウェザーカバーを付け、
201106141228000.jpg
雨仕舞いもしております。当然ですが



階段室から採り入れた空気が屋根裏を通り抜け、
四隅に4ヶ所ほど開けた穴から抜けていきます


これにより間違いなく屋根裏の空気は回りますし、
ただ穴を開けるだけだと開けた穴から
湿気も入ってしまうでしょうが、
機械換気(⇔自然換気)のため、
基本的にはこの穴から空気が入ることは無いので、
熱気については前述の通り解決してそうですし、
結露についてもだいぶマシになるのではないかと、
大いに期待しております




この夏、次の冬と、
施主さんと連絡を取らせてもらい、
成り行きを見守って参ります




被災地、東北で採れたブナの木をかつらむきにして造る



テーブルランプ。
ちょっと良いベッドサイドランプがあると、
寝室って変わりますよ~





スポンサーサイト
【2011/06/20 22:03】 | 屋根裏換気扇の設置工事。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
続・宝塚の戸建リフォーム。結露・暑さ対策で屋根裏換気扇を。
続き




自分でイラストとかを描く時間も無いため割愛致しますが、
こんな感じの換気扇を
201106140955000.jpg


こんな風にして
201106141006000.jpg

木造3階の戸建の階段室の天井に2ヶ所、
201106141224001.jpg


設置致しました。結論から言えば




★クールビズ万歳↓
ブログランキング用バナー




今回使用したのは、三菱製の換気扇。

玄人の方及び弊社建築部門の方のみ

こちらのページに簡単で分かりやすいイラストがありましたので、
拝借致しますと、

こんな仕組みだ

室内の空気を屋根裏に回し、
屋根裏にあるはずの通風口から空気を逃がす、
という単純な仕組み




これをすることによって、
結露のみならず、
こんな仕組みだ2


蓬莱のアイスキャンデーもまっつぁおの効果が!





ここでも結論から言ってしまいますと、
とりあえず工事をする前とした後の感想としては、
めちゃめちゃ涼しくなりました


工事当日の朝9時くらいに屋根裏に入ったときは、
前述の通りすさまじい熱気だったのですが、
工事が終了し、換気扇を運転させた
午後1時くらいに屋根裏に入ると、
「えっ!!?
というくらい涼しく、
3階に上がってきた施主さんも、
「おっ!??
と思ってくださったようです。
真夏が楽しみですが、
とりあえずビフォーアフターは
結構劇的だったと申し上げておきます
要はしっかりと空気が屋根裏を走っている訳です。




ちなみにこの屋根裏換気扇、
パナソニック、東芝、三菱と聞いた結果、
この商品しか該当しませんでした。
3~4万円前後という価格帯では
15万円くらい出せば色々ありそうですが。



パナソニックと東芝に言われたのは、
両者とも屋根裏換気扇というのは扱っていない
ということ。
理由は非常に高温になるため、だそうです。
屋根裏に使おうと思えば、
夏場に50度を越えることもあるため、
一般的な換気扇では対応できないとのこと。
このような工事を考えている方々、ご注意ください。
また、もっといい方法があるなら教えてください




最後は今回の工事の懸念事項だった、この
こんな仕組みだ
赤字矢印の、
空気の逃げ道がない
という事象をどうしたのか、という、
興味の無い方には
これ以上無いくらい退屈な内容を次回



節電、猛暑対策を考え中で、
普通の風鈴では飽き足らないあなたへ。




ピンクゴールドの風鈴だそうです。
【2011/06/18 22:54】 | 屋根裏換気扇の設置工事。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結露、夏の暑さとおさらば。3階戸建の屋根裏換気扇設置工事。
剛柔で言えば今回はなお話




そう言ってはなんですが、
一見普通の3階建の木造の一戸建
201101141533001.jpg

私が不動産仲介営業をしていたときに
ご購入いただいた施主様ですので、
お引っ越しより早7年


今回こちらのお客様より、
「他社さんで屋根裏を見てもらったら、
『一部腐ってますみたいなことを言われた、
あとついでに3階がめちゃめちゃ暑い
ということで行って参りました
最近そういうの多いです。



★ついにクールビズが始まりました↓
ブログランキング用バナー




3階建の3階部分、
子ども部屋より屋根裏に上ると、
すさまじい熱気と湿気
『他社さんの指摘』通り、野地板



これが問題の野地板だ


部分を触ると、
“ぐにゃっ”というくらいの湿り気



このケースで推測されるのが、
①雨漏り
②結露

の2点
ただ今回は雨に関係なく、
日照りの日が続く中でもぐにゃっていたため、
「おそらく結露であろう
と推測致しました。





ちなみにかつてこれよりひどいケースで、
天井から結露水がしたたり落ちてきたのを業者に見せ、
「雨漏りです、絶対」と言われ、
なぜか屋根の葺き替えをさせられた人がいる、
と聞きました。
200万円


高ーし、必要ねーし




ちなみに結論から言えば今回の工事は30万円ほど。
「雨漏りです!」と言われると、
ガン宣告されたようになる方が大勢いますが、
冷静に対処することをおススメします






結露についての説明は割愛しますが、
窓やサッシなど、見えるところの結露よりも、
壁内、屋根裏などの見えない部分の結露の方が怖い、
と言います
見えない部分でいつの間にか木が腐り、
シロアリを呼ぶ、という構図が、
簡単に成り立ってしまうからです。
気付かぬうちに



通常の家の野地板は、こうはなかなかなりません。
このオウチがこうなったのには、家の抱える特殊性があります。
何か?
天井が寄棟になっていて、
この部分が
201106130848001.jpg

こうなっていて
201101141531000.jpg

屋根裏に空気を送り込む仕掛けが全くない
という特殊性です。
通常は軒(のき)や破風(はふ)というところに通風口があり、
空気を呼び込めるようにしています。



結露対策で真っ先に思い浮かぶのは、
換気をすること
断熱をすること
の2点と言っていいと思います。

通常①はクリアされていることが多いため、
②の検討をするのですが、
今回はトニモカクニモ①を。
何とかして天井裏を換気することをまず考えました。



続く




梅雨の時期ですし↓



【2011/06/17 16:12】 | 屋根裏換気扇の設置工事。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。