しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
照明の話。蛍光灯で高血圧。
大変なことを教わりました。
蛍光灯の下では、血圧が上がるそうです。

先日行った照明の講座で教わりました。
高血圧の方は要注意ですね。
白熱灯の下なら下がるそうです
すぐ替えましょう。

また、こんな照明があるそうです。

無題2
トゥルーライト、という照明器具です。
これはなかなかの優れものだそうですよ~。
賢くなるそうです。


照明を当てた感じがだいぶ違います。

3.jpg
ね?ね?全然違うでしょ??

↓こんな説明書きがされています。
無題


読むのが面倒な人にザックリ言いますと、、
太陽の光に近い=自然の光に近いから、イイ!!

ということみたいです。
そんなん言われたら使ってみたくなりますね。
長持ちするみたいですし。

普通の電灯より少し高いですが、
ひょっとしたら価値があるのかも知れませんね。

気になるお値段は、ウェブを見る限り、
通常の蛍光灯のざっと10倍くらいですねー。

あははきゃー!高いや。
少しじゃねーや。



こういう目に見えない効果、を信じるかどうかで、
お金の使い方って代わってきますねー。

でもどうなんでしょうねー。
こういう“目に見えないけどいいよ”シリーズって、
ちょっと勧めにくいですよね、こちらとしても。

そういうことが好きで、感心がある、と
言っておいていただいたらいいんですけどね。


例えば色とかもそうですよね。
知ってます?
片や黒い箱にトマトを入れて、
片や赤い箱にトマトを入れて、
しばらく置いておくと、
黒い箱の方だけ腐るんですってぱんだもびっくり


やったことはないけど。
聞きました。
本当かどうかは知りませんけど、
色ってそういう力もあるみたいなんですよ。

だからそういうカラーセラピー系のこととか、
風水系のこととか
スピリチュアル系のこととか
も信じてるようなら、
もう是非!言ってくださいね。
そんなものも採り入れますので。





★リフォーム事例を是非ご覧ください!!
ウィルのリフォーム事例はこちら

★ブログランキングに参加しています。
↓テンションアップのためにクリックをお願いします!
ブログランキング用バナー
スポンサーサイト
【2009/05/16 15:46】 | 照明について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
照明のお話。labour & wait
前回神戸居留地で照明を見てきたのですが、
どうやらあの照明では無かったようですo
まあ人生いろいろありますので、
そーゆーこともあるでしょう。

正解はこれのようです。

無題

このうち4つのペンダント照明の傘ですね。
ホーロー製のようですが、英語なのでよく分からず。
イギリスの雑貨屋さん『labour & wait』というお店です。
私は今回初めて知りましたが、
知ってる人は垂涎ものなんでしょうね。
そういう店っていいですよね。

今回はこの照明をこちらで入手して、
それを設置することになるような気がします。

これは先日行った神戸のBshopというアパレルの
にあります「view」という店にあるそうです。
実はそこにも行ったのですが、展示して無かったんですよね…。


ホーロー製のこういった照明、
お好きな人は本当にお好きですよね。

そういうのがお好きな方は、
きっとこういうのもお好きです。

img_deco01[1]
分かりにくいでしょうか??
マットな黒の凸ランプ。白やオレンジもあります。

これは大阪のflameという照明屋さんにあります。
一度使ってみましたが、かっこ良かったです。

中にはこちらでは入手ルートがなく、
ご購入いただいてこちらで付けるとかいう場合もありますが、
結構入手できるものです。

一番大切なのは
「こういう家に住みたいんじゃ」
という強く熱い思い!
それさえあれば、たいがいの障壁は何とかします。
今回も何とかして乗り越えます!




★リフォーム事例を是非ご覧ください!!
ウィルのリフォーム事例はこちら

★ブログランキングに参加しています。
↓テンションアップのためにクリックをお願いします!
ブログランキング用バナー
【2009/04/02 20:01】 | 照明について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
照明あれこれ② 
昨日に引き続き照明について。
照明と言えば“北欧照明”。
多少インテリアなどにお詳しい、もしくは好きな方であれば、
聞いたことがあると思います。

今回の現場では
アルネ・ヤコブセンのP2420↓
P2420-S[1]


同じくルイスポールセンのSS115W↓
ダイニングペンダント


が入っています。

よく聞く北欧照明ですが、何がいいのでしょうか?
①デザインがシンプルで飽きが来ない
②素材が、木やガラス等本物を使っているため、経年劣化しにくい
③光源(電球など)が見えなく、刺激が少ない。

のような理由でインテリアに馴染み、長く使える、というところにあると思われます。

また、電気を付けたときの印象と普段の印象が大きく違うのも
個人的には特徴と思ってます。
やっぱり付けたときの方がはるかにきれいです。

自宅玄関にはこれを入れています↓ルイスポールセンPH2/1の壁付
B3007N[1]


高かったのですが思い切って入れてみました。
百聞は一見に如かずで、他のところに入れている数千円の照明とは
全くもって比べ物にならないです。

これをデザインしたデンマークのポール・ヘニングセンは
「光の質」にこだわってデザインをしたと言っています。
僭越ながら実物を見ているとその思いや価値がよく分かる気がします。

ちなみに上の写真と商品名を見て「またマニアックな…」と思われた方、さにあらず。
このような大規模リフォームやリノベーションをしたいと言う方の多くは
これらの照明はご存知の方が多いです。
もしご存じ無いようであればちょっと覚えておいていただいたら、
いつか役に立つかも知れませんよ。

その他北欧照明の発祥はイタリアである、とか
照明が発達したのは白夜と関係している、とか
何となく聞いたことのあるちょっと不確かな情報があるにはあるのですが、
いかんせん不確かなため、またきちんとした情報源をつかめたら
またご報告させていただきます。


今日現場のハウスクリーニングが終わりました。
来週9/12(金)~4日間、完成披露会を行う予定です。
チラシが来週明けに上がりますのでアップします。
かなり面白い、いい家に仕上がってますので、
お時間都合つくようであれば是非ご来場ください!
このブログに書いていることも全部ご説明させていただきます!

明日はお休み。月曜からまた再開します。



★ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。
【2008/09/06 13:56】 | 照明について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
照明あれこれ
今日は照明について。

LED照明(発光ダイオード)のショールームを見てきました。
2012年に白熱電球が廃止されます。
その代替品の多くの部分を担う素材として注目されているため、
聞いたことがある人も多いと思います。

LED写真

先日の日経新聞のインタビューで東芝のご担当者さんは、
2010年を目安に新規商品を開発しているとも言っていました。
ここでも省エネが進んでいってます。(どっちかと言えば経済効果の方が大きいでしょうが)

どのくらいの省エネ効果があるかと言えば、
クリプトンレフ球という電球と比べて
1日平均10時間点灯したという条件で
①電気代は約7分の1(クリプトン3614円に対して522円/年)
②寿命は20倍(2000時間に対して4万時間)
③器具交換も20倍の差(6か月毎に対して10年!ほんまか?)
(コイズミ産業のカタログより)

今回の現場にも天井の間接照明に採用しています。
電球の交換がしずらい場所のため、とても重宝すると思います。

ちなみに気になる金額は、ダウンライトの代わりなのか蛍光灯の代わりなのかで
違いますが、ざっと2~5倍くらいです。
イニシャルコストとしてはまだ少し高いですが、
まず間違いなくこれから金額は下がってくると思います。
各社新製品をどんどん発売しているところです。

LED施工事例


今回の現場では、
漆喰、無垢フローリング、LED照明と
かなり良い素材を使っています。
なぜかと言えば将来的に賃貸に出す、もしくは売却する可能性
を見越して造って欲しいと言われているからです。

これだけ特別感あふれる素材を使い、作りこむことで、そのときが来たら絶対に
「他の不動産とは違うからこの金額なのか」
と借り手、買い手に思ってもらうことができるはずです。

あらゆる業界で差別化が進んでいるように、
不動産業界でも差別化が進んでいます。
私を含め、不動産を所有している方々は、
自分が住んでいる間は自分の資産、住みか、空間にすぎませんが、
ひとたび売ろう、貸そうと思ったときから、お持ちの不動産は『商品』へ変わります。

その商品をどのように扱うか、扱ってもらえるかは、
その大部分が取得のときに決まると思っても過言ではありません。
ぜひ気を付けたいところです。

明日はその他の照明について。北欧照明も入ります。



先日の休みに社員10人弱とシャワークライミングに行ってきました!
この写真は自分たちではないのですが…↓

シャワークライミング

今年で多い社員で3回目の開催。
かなり天気が悪く、寸前まで警報が出ていたのですが、
無事帰ってきました。

約7時間かけて川や岩場を登り、滝つぼへ飛び込み、
天然ウォータースライダーを滑り降ります。

昨年初めて企画があり、参加したのですが、めちゃめちゃ面白く、思い切りはまりました。
興味のある方は是非一度行ってみてください。
今回は滋賀県の大津市、前回は奈良県の吉野。
参加費は1万円弱。

もちろん体は疲れますが、マイナスイオンなのでしょうか、
毒っ気が抜ける気がします。デトックスです。
疲れている方、ストレスを溜めている方ほど効果がありますよ、きっと。

★ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。
【2008/09/05 20:05】 | 照明について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。