しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
リノベーションをするときに知っておきたいこと キッチン編その⑨
プラスアルファで最終回の今回は、
システムキッチンのデザインについて。



システムキッチンと一口に言っても、
フツーのキッチン
こういったスタンダードなものだけではありません。



こんなアイランドキッチン、INAXの「グランピアッセ」
グランピアッセ
もシステムキッチンなら、



同じくINAXのグランピアッセリュクス

グランピアッセその②
コの字型キッチンもシステム。


パナソニックリビングステーションという名前を冠したこちらも
リビングステーション
システムキッチン。
ちなみに「キッチンの機能を越えているから」、
そういう名前が付いているのだとか



厨房チックな
index_ph001[1]
サンウェーブの凛(りん)もシステムキッチン。



システムキッチンと言うと、一昔前は何となく
収納重視使い勝手重視、のイメージがあったと思いますが、
今は昔
最近出てきているメーカーのキッチンは、
そのまま「建築家と建てる家」に載せれるものばかりです。






とは言え、上記のシステムキッチンは、
多くが定価200万円~300万円程度。
各メーカー販売はしているものの、
やはりたくさん出るのはスタンダード品。
レクサスはあるけどやっぱりカローラが売れるんです





という枕でもってシステムキッチンのデザインを考えますと、
影響があるのは大きなところで2点でしょうか。



①扉面材。
伊丹ショールーム写真
各社いろいろと用意しており、
そうですね~、40色くらいはだいたいどこでも選べます。


これがそれぞれグレードに分かれており、
グレード①~⑤に向かってだんだん5万円ずつ高くなっていく
というイメージで間違いないと思います。




鏡面(きょうめん)仕上げとか
鏡のような鏡面


塗装仕上げとかは
pic_05[1]
高いです。ハイグレード。



対してシートが貼ってあるだけだと安くなるのが一般的。



あとは設備仕様の
レンジフードやガスコンロの色がだと
車いす対応
安く


シルバーだと
シルバーキッチン
高い
ステンレスだともっと高い




など、見栄えの良さによって金額は大きく上下します。
そう、ここでもやはり
「高そうに見えると、高い」の法則は健在。
説明になったようななっていないような内容でしたが、
見栄えの良いものを求めるならば、
それ相応の対価を払わないと叶わない

ということをご理解いただければ十分です





スポンサーサイト
【2010/07/26 17:00】 | リノベーションをする際に知っておきたいこと キッチン編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リノベーションをする際に知っておきたいこと キッチン編その⑧
とりあえずキッチン編最後のその⑧、は、
デザイン面、のお話。



どんなデザインがあって、
どんなのが選べて、どんなのが高くて…と、
このカテゴリーの主旨通り、
ザックリと概要をご理解いただければと思います




まず大原則。
【高そうに見えるキッチンは、高い。】
う~ん、なんてザックリ



色~んなキッチンがあります



こちら、だいたい300万円ほど。
DSC_4682.jpg
オーダーです。ミリ単位で造ってます。
コの字型です。
木目のところはホンモノの木です。
トップは10㎝角のタイルです。
白いレンジフードです。



写真でもご理解いただけると思いますが、
柱が出っ張っているところにピタッときれいに収めよう、
となるとオーダーしかありません。ほぼ
家具調の見え方のするキッチンで、
打ち合わせ自体もキッチンだけで7~8回ほどはしていたと思います。






こちらはこのカウンターの向こうに
DSC_67770.jpg

ステンレスのコの字型キッチンが。
kokokoko.jpg

250万円ほど。

こちらもフルオーダーのオールステンレス
排水管までステンレス。
オールステンレスの引き出し収納は、なかなかの迫力があります。





こちらはINAXさんの。
DSC_75620.jpg
実はあまり入れたことが無かった、
フラットカウンター式。
解放感抜群。
後ろのカウンターもセットです。

セットで120万円。定価はもっとしますけどね




こちらはキッチンハウスさんのキッチン。
ミーレ食洗機
トップが木調のメラミン
面落ちになっている扉面と相まって、家具っぽさ
こちらはマンションのもともとの
枠部分ががっちり造られていて、耐久性抜群です。
ちなみに皇室も使っているメーカーだとか
ロイヤルキッチンですな。
だいたい190万円くらい。




ちなみに我が家のキッチンは
107.jpg
トップが人工大理石
その他はステンレスキッチン。
食洗機などはなく、実は60万円ほどのお安いもの
が、知り合いのメーカーの倉庫の片隅で寝てらしたのを、
さらに安く…
廻りの壁は大工工事で造った壁。
そこに構造用合板という、その名の通り構造のために使う
非・仕上げ材を貼り、オイルステンという塗料で塗ったもの。
たぶん10万円とかかっていないと思います




あとはこんな感じの現場で入れた商品は、
DSC_0015.jpg

JJJJ 037
床、壁の仕上げの工夫で雰囲気を出していて、
商品そのものはそれほど高額ではありません。
ごくスタンダードなもので50~70万円ほど。




逆に机だけ造って、
施主さんがネットで買ったコンロとシンクをはめただけの
IMG_6675.jpg
こういうのも。
設備別で20万円くらいです。
こんなのもあります。





弊社の場合、というか私が担当する現場の場合、
「高い設備のキッチンを入れたい!」
方は少数であり、どちらかと言えば、
「全体の雰囲気の流れの中で、違和感にならないキッチンを」
という方が大半です。

そのため、その流れの中で、
キッチンをアクセントにするのであれば高額に。
そうでなければ比較的低額になっている気がします。


そこは施主さんのこだわり次第ですので、
私はとやかく言うところではありません





と言う訳で、キッチンのデザイン編。
この辺はショールームに行く前ですね。
「オーダーキッチンがいいんです!
とクリナップのショールームで言わないように。


スシローの注文のインターフォンに向かって、
「じゃ、お任せで
というくらいの場違い発言ですので。





では、システムキッチンのデザインで考えた場合、
どんなことが考えられるのか。
そうそう、それを書こうと思っていて、
もっと大枠に飛んでおりました。



次回、最後はそのことを。


★リフォーム事例をご覧いただけます。
ウィルのリフォーム事例はこちら。

池田市の不動産

【2010/07/24 18:35】 | リノベーションをする際に知っておきたいこと キッチン編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リノベーションをする際に知っておきたいこと キッチン編その⑦
戻りましてキッチン編その⑦
設備・仕様編です。



キッチンは下は30万円から、
私が聞いたことのある事例ですと
上は2000万円くらい、
私の現場で入れた最高価格帯で300万円ほどと、
すさまじいまでの価格の開きがあります。


最近はニトリさんだけでなく、
こんなそれなりのキッチンでも
サンワのキッチン
30万円せずに買えてしまいます




30万円でもキッチンが買えるのに、
なんで100万円とかのキッチンを入れるんや?
の答えの設備編



上のキッチンに付いているレンジフード。換気扇ですね。
一番安い価格帯のもので、6万円くらいです。


これ。
アリあフィーナ
イタリアのアリアフィーナ社という、
レンジフードの中ではかなりお高めな商品を出すところのもの。
こちらで30万円くらい。




また、IHクッキングヒーターにするのであれば、
できればしておきたい、IH対応の換気扇は、
vlt-3r-902s[1]
概ね20万円ほど。





また、普通のビルトインガスコンロで、
安いものなら7~8万円くらいでしょうか。
ホームセンターならもっと安いかもです。



ガラストップで
adlineupnew_00[1]

機能満載とかなら
ガスコンロ色んな機能



すぐ30万円くらいはしてしまいます。




ビルトイン食器洗い乾燥機は、
スタンダードタイプなら10~15万円ほどですが、
こういったミーレとかの
ミーレ食洗機
相当カッコイイ食洗機にして、
扉面材も合わせてしまったりすると、
う~ん、40万円ほどでしょうか…?
倍以上します。





水栓。蛇口ですね。
これも、普通に賃貸マンションについているものは2~3万円くらいですが、

3378200j.big.1[1]
有名なドイツのグローエのこんなやつだと
8万円ほどしちゃいます





と、キリが無いのですが、
この他にも浄水機を別で入れたら10万円とか、
食器棚が自動で降りてくるやつを入れたら20万円とか、
ありとあらゆるものに松竹梅があり、
ショールームで選ぶとなると、
だんだんと松寄りになっていきます。



そんな感じで皆さん見積もりが高くなってくんですね~



なんとなくご理解いただけますでしょうか?
「キッチンを選ぶ」というのは、
このようなものの中からチョイスしていくことも含みます。
お知り置きを…





★リフォーム事例をご覧いただけます。
ウィルのリフォーム事例はこちら。


豊中のマンション
【2010/07/22 12:52】 | リノベーションをする際に知っておきたいこと キッチン編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リノベーションをする際に知っておきたいこと キッチン編その⑥
W杯が終わって、
始まりましたね、ついに。本日7月17日午前0時から。



何が?
何がって…















改正臓器移植法











重いわ


いえ冗談。
実際興味津々なネタですので、勝手に調べてみようと思ってます。



「どんなキッチンがいいですか?」のに対して、
どんなを用意しておきたいか?
もう今回ですでに7回目ですが、
実はまだ項目的には2つ目



「え、何の話??」という不届き者方は
こちらから復習を…。
私清水も忘れていたため、復習致しました



そうそう、次の項目は、形状
どんなプランニングにするかにおいて、
キッチンの形やサイズ、向きなどは、
近年の住宅建築では最も、と言っていいほど重要だと思います
人によってはまずキッチンの形状を決めて、
その形状が入るようにプランする
方もいらっしゃいます。




キッチンの形状、と言うとこんな感じになります。

まずはI型(アイ型)。
一番よく出る型です。
特徴としては、まずは安い
こんな感じに壁に付けることで、
ds.jpg

壁部分も収納として使えます。
シンプルな型ですので、プランが考えやすいというメリットも。




次に、そのI型の派生タイプとして、
ペニンシュラ型(半島型)と呼ばれる、
セル12
こんな型。
片側が壁に接しているため、
このように呼ばれるのだろうと思います。
次のアイランドタイプほど、
設置に際して広いスペースを要しないため、
このような置き方はよくします
「オープン過ぎる」「油ハネが気になる」のであれば、
前に壁を付ければ
DSC_0154.jpg


だいぶ改善されます。





そしてこちらが
DSC_5482.jpg


アイランド型。島、ですね
その名の通り、接しているのは床のみ。
見せるキッチン」として考える場合、この選択肢でしょう。
かっこいいです。存在感があります。


ただ、説明も不要と思いますが、普通に考えて
汚しておくわけにはいきません
油ハネも気になります。
来客が来たときに、「ちょっとキッチンは見ないで」
というわけにはいきません。



あとはL型(エル型)。
壁に付けることもできますし、
このようにカウンターキッチンっぽく使うことも。
oiuy.jpg


特徴としては動線が良い
キッチンにおける動線とは、
シンク、コンロ、冷蔵庫の三角形の距離のことを一般的に言いますが、
この型だとその距離が短くなります。


ただ、I型に比べるとどうしても設置のために
広いスペースが必要になります。
結構この型を入れるのは大変なんです…。




そしてちょっと珍しいコの字型
私も数えるほどしか入れていません。
大きいですので金額が高くなりますし、
そもそもシステムキッチンではあまり扱いがありませんので、
オリジナルキッチンになることがほとんど
こちらも。

DSC_4682.jpg


いいところと言えば
コックピット感?
私の居場所感??
オリジナル×コックピット感は、
好きな人にはたまらない魅力です。
こだわってんな~っていう感じがしますよね




そして最後がⅡ型(に型)。
aaaaa.jpg


個人的にはこの型が一番理に叶っているというか、
バランスがいいのかなと思います。
動線も良く、デザイン見栄えも良く、
プランニングも非常にしやすい。
難点はやはりコの字型と同じく、
システムキッチンではあまり扱っていない型のため、
「仕様が低くてもいいので…」と言ったとしても、
結果として高くなってしまいます


まあ高くなる時点ですでにネックですので、
「高いけどいいですよ」というのは無しなんですけどね。
それも分かった上で、この型は使いやすいんです




というわけで考えておきたいキッチンの形状の巻、でした。





浴室、トイレ、洗面台もそれぞれいろいろありますが、
キッチンは特に形や仕様、色などだけでなく、
その形状が面積にまで影響する大きなポイント
特に戸建のリノベーションを考える、
キッチンにこだわる、という方は、
プランナーやリフォーム屋さんにあらかじめこの辺の相談をしておかないと、
後からプランが大きく変わったり、
金額が大幅アップしたりします
ので注意。



次は設備・仕様の巻…。




★ブログランキング復活しました。
ブログランキング用バナー
尼崎の不動産

【2010/07/16 21:10】 | リノベーションをする際に知っておきたいこと キッチン編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リノベーションをする際に気を付けたいこと キッチン編その⑤
今日はリノベーションにおいて、キッチンを考えるときに
考慮しておきたい電気容量について。


キッチンにおける2代電気容量と言えば
食戦記

食器洗い乾燥機と…

DSC_5884.jpg
IHクッキングヒーターです



200Vの専用回路が必要になります。
どんな感じの容量かをあらわすのに、
以前お客様から激賛いただいた取っておくほどでもない表現で現しますと、

「IHは、電気容量的に言えば、
キッチンにクーラーが付くようなもんです

ね、取っておくほどじゃないでしょ?




あなたのおうちにもきっとある、
おなじみのブレーカー
実家のブレーカーよく落ちたな~…
IMG_8726.jpg

この黒いレバー一つが食器洗い乾燥機に、
もう一つがIHクッキングヒーターに占拠される訳です。


もっと古い建物だと、ブレーカーはこんなに少ない…
IMG_7794.jpg
私清水の住むマンションもこんな感じでした。



戸建の場合であまりにももともとの電気容量が少ない場合、
関西であれば関西電力と容量をアップさせる契約を結び、
そのための工事をすることになります。
だいぶ前に一度やりました。
8~10万円くらいだったと思います



マンションの場合は、
IHクッキングヒーターへの交換は不可
となっているマンションが多々あります。
全世帯にIHが入った場合に、
マンション全体の容量が足らなくなるからです


ですので、マンションによっては
完全不可だったり、
許可制にして、早いもの勝ちだったり、
どう考えても規制が必要なのにホッタラカシだったりと、
実にバラエティ豊か



いずれにせよ管理組合の承認を得るか、
最低でも「IHに替えますよ」という申請をしておかないと、
後になってダメ、と言われる危険性が無いことも無いです。
やはり踏むべきステップはきちんと踏んでおきましょう




★リフォーム事例をご覧いただけます。
ウィルのリフォーム事例はこちら。



宝塚のマンション伊丹のマンション川西のマンション
豊中のマンション箕面のマンション池田のマンション



【2010/07/15 08:06】 | リノベーションをする際に知っておきたいこと キッチン編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。