しみずのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
大人気!太陽光発電。
太陽光発電が大人気です山盛
新聞を読まれている方であれば、
最近は3日に1回は記事になっているので、
太陽光発電が熱いらしい」ということくらいはご存じと思います。

実際に非常に熱い業界になっているようです。
太陽光パネル(モジュールと言います)を販売している会社は、
まさにうれしい悲鳴。
売りさばくだけでたいへんだとか。

今特にマンションにお住まいの方などは、
俺にはカンケーねーぜjumee☆ohwell3Lなどと思ってらっしゃるかもしれませんが、
そんことは言っていられないかもしれません。
分譲マンションにも“一応”設置可能ですし、
太陽光発電を設置して“いない”家の電気代は
上がる予定になっておりますし。



ちなみに~
主に補助金などを統括しているのがこちら

太陽光発電:J-PECのHPはこちら。


一般社団法人太陽光発電協会さんのHPです。
“一般”、“社団法人”、“協会”あたりから
天下りの匂いぱんだもびっくりが漂う気もしますが…
それはどうか知りませんが、
ここの主催する説明会に行ったんですが、
こういった団体とは思えないような熱い説明会でした。
(○○協会という団体のセミナーにときどき行きますが、
めちゃめちゃやらされ感を醸す方々の、睡眠セミナーが多いので…落ち込み)


太陽光を普及させたいんです!ぺこり
そのためには業者の皆さんに、
きちんと申請書を書いてもらう
ことが時間短縮のカギなんです!」
という、決して傲慢さは無く、
まさに現場サイドの大変さや必死さがひしひしと伝わってくる、
とても感じ入る説明会でした。

我々業者からの質問に対しても、
紋切り型で応えるのではなく、
実情を交えて誠実に応えてくださってましたし。

なので、この団体は私は好きですo
ガンバレJ-PECは?




というわけで、太陽光発電について書いていきます。



クリックして帰ってくださいね…ペコリ


ブログランキングに参加していますx
左手に現在の順位が出ております。
皆さんの手で是非上位へ…!
ブログランキング用バナー
スポンサーサイト
【2009/12/01 12:30】 | 私の家のリノベーションについて。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自邸リフォーム。いまいちだったところ。
昨日に引き続き、今日はいまいちだったところを。

自邸キッチン

写真の丸が付いているところは、
大理石モザイクタイルが貼られています。
もともとここは「下のウッドパネルを際立たせるために、
「あまり主張しないようにしよう」と思い、その仕上げにしました。

ただ、写真ではよく分からないと思いますが、
結構主張してしまってます。
別に、「失敗」、というほどのものではないのですが、
費用をかけた割には不要な効果が出てしまいました。
今やり直すとすると、ここはクロス(壁紙)でいくと思います。

もちろんそんなポイントは私以外の人が見ても
全くそうは思わないようです。


↓あとはこんなところとか。
リフォーム部屋2-01

照明。
蛍光灯の照明付けときゃよかった~…!
ダイニングのペンダント照明、
リビングのペンダント照明、
リビングの4ヶ所のダウンライト。
いずれも白熱灯。

子供ができる前はゆったりできてよかったですし、
夜帰ってくるのも遅かったのでこれでもよかったんです。

ただ最近は子供ができたり、生活のリズムが変わったりして、
蛍光灯が欲しくなりました。
リビングについているガラスの傘のペンダントライトは、
東急ハンズで買った3000円くらいの商品で、
大学時代から使っているものです。

これはとりあえず、で付いているのですが、
いつしかその「とりあえず」が丸2年を迎えました…。
なかなかそこに捧げる予算というのは、
後からは生まれてこない
んですよね…。

また、他の人には「スタンドライトでも買って、照明を足せば?」
みたいなことを言うのですが、
自分じゃ買わないんですよね
、これが。

ダイニングテーブルとかソファとかで夜中に本を読むのですが、
白熱灯なので眠くなるんです…。
まあ夜に眠くなるのは自然なんでいいといえばいいんですが、
蛍光灯があればもう少し長く本も読めるのかな、と。

という訳で、次にやるときは、
照明ももう少し最初から入れてしまうと思います。


先日書いた通り、リフォーム箇所を見て「これはやらなきゃよかった」
と思うことはとても稀だと思います。
圧倒的に「これもやっときゃよかった」です。
そうならずに済むよう、今からリフォームを考える方は、
『今持っている生活の不満』
をしっかり書き出しといてください。
細かいところで「収納何センチ欲しい」とか、そんなんはいいので、
「明るく。なぜなら夜でもリビングで本が読みたいから」
みたいな感じで、不満点その理由を言っていただければ、
色んな解決法があるものですので。

そういう住み手の「考え方」をお聞かせいただけるのが、
一番うれしいヒントになります。


★リフォーム事例を是非ご覧ください!!
ウィルのリフォーム事例はこちら

★ブログランキングに参加しています。
↓テンションアップのためにクリックをお願いします!
ブログランキング用バナー
【2009/02/10 15:55】 | 私の家のリノベーションについて。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
続・玄関、シューズクローク。
引き続き玄関について。
83㎡という広さに2人で住む。部屋数は2LDK。
という場合、それなりに余裕のある間取りができあがります。

↓玄関入ったところ。
SICメインカット


↓シューズクローク内部。広さは1m×1mほどで、そんなに広い訳ではありません。
SIC開けたところ


そもそもそんなこともあって作ったのがこのシューズクロークでした。
玄関って色んなものを置きますよね?

特に子供ができてから痛感したのが、ベビーカーの置き場所
ベビーカーのサイズは大体幅50㎝、高さ110㎝、長さ900㎝(畳んだら40㎝)ほどで、
バカにならない大きさなんです。

この玄関&シューズクロークで良かったのは、
ただ単に物入を設けたということだけでなく、
玄関を広めに設定した、ということです。

その大きなベビーカーをシューズクローク内に置くこともできますし、
玄関ドア入ってすぐ横に置くこともできます。
子供ができてみて初めて分かりましたが、
奥さんひとりでベビーカーに子供を入れて連れまわして買い物して、
お疲れモードで玄関に入ってきたあと、そのベビーカーをわざわざ
シューズクロークに入れる、というのは、案外面倒な作業のようです。
(たぶんうちだけではないはず)

↓写真奥のシューズクロークのドアの脇がベビーカースペース。
SIC別カット
あと細かい話ですが、写真手前の銀色の部分(玄関框(かまち))とドアまでの間を
約30㎝取ってます。この寸法を靴の大きさ以下にしてしまうと、
開き扉を開けたときに靴が引っ掛かってしまうため、写真のコンセント下辺りに
靴を置くことができなくなってしまいます。

「そんな細かいこと…」と言ってしまいたくなりますが、
寸法というのはそのくらいのレベルに生活に関わる大切なことなのです

ですので、ベビーカーは来客のときだけシューズクロークに入れておいて、
後は邪魔にならない玄関横に置いておく。
このスペースが確保できたのはとてもとても大正解でした。

シューズクロークの中には、
靴・傘はもちろん、各種空き箱、回収待ちのゴミ、野球のグローブ等々、
かなり雑多にものが入っています。

私はゴルフは今のところしませんのでゴルフバックに困ることは無いのですが、
人によって収納したいものは様々。
リノベーションを考える際には「何を、どのくらい、どのように収納したいのか」
をリストアップし、お伝えいただくことが必要です。
こちらからも聞きますが、住まい手の方からの声がないと、
プランに反映することはできませんので。

賃貸に住むときは、部屋のサイズに合わせて持ち物を選択されると思います
「狭い部屋に合わせてピアノは置かない」という具合に。
せっかくリノベーションをするのなら、
持ちたい物、したい生活のサイズに部屋を合わせて欲しいと思います
「スクリーンで映画を見るために、主寝室を通常より広く」という具合に。
シアタールーム


ちょっと大げさですが、ご家族内で本気で
「どんな暮らしをしたいか、どんな人生を送りたいか」
を話し合ういい機会かも知れませんね。
そんな機会を持つことで
「本当に持ちたかったもの」と「本当はいらなかったもの」がやっと区別されると思います。
不要なものをそぎ落として、限られた本当に必要なものに囲まれる生活が、
真の贅沢だと思います。
家を買う機会に、リノベーションの機会に、ぜひそんなことを考えてみてください。


★ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。
【2008/10/03 10:26】 | 私の家のリノベーションについて。 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
玄関・シューズクローゼットあれこれ。
まずはプラン。
ちょっと細かくなりますが、玄関。
こんな感じです

SICメインカット

結構こだわりました。
まず目に入るのはガラススリットです。
現場では「タペ」と言われる、タペストリガラスを入れ、
昼間はライトを点けなくてもいい玄関になりました。
もともとはこんな感じでとても暗かったんです。

自邸玄関ビフォー


このガラスの効果はめちゃめちゃ大きかったです!
まずは狙った通り、ものすごく玄関が明るい!
見ての通り視線は通さないので、
奥の寝室に対してプライバシー的な問題は一切生じませんし。

ここでやってみて良かったので、他の現場でもこんな感じで使ってます。
↓ここはリビングドア両脇のスリット。

阪急逆瀬台玄関
ガラスではなく、子供が当たっても大丈夫なように、
ポリカーボネードという強化プラスチックを使ってます。
半透明のプラスチックです。

↓ここは洋室との間の壁の上部に。
サン宝塚玄関
視線の関係無いところなので、透明ガラスを使ってます。

↓ここもリビングドアの横に。
リブレ武庫之荘のリビングドア
ここは玄関入ったときに視線が届くところではないため、透明ガラスを使ってます。
視線の先にはほとんどいることがないところを設定しています。
2つ前の写真もそうですが、多くの場合リビングドアにはガラスを入れますが、
このようにスリットを入れる場合には無い方がいいと思いませんでしょうか?
そっちに注意がいくので。そんな気がしたのでガラスは無しのフラットなドアにしてます。

ちょっと違う話になりますが、左手の坪庭を囲う透明ガラスの
床からの高さもかなりこだわりました。
全面ガラスにしてしまうとショーウィンドーみたいになって、
「どや!」的インテリアになってしまうのは下品ですし、
低すぎると見えないし。
「邪魔にならない程度に、でも鮮明に視界に入る高さ」にしています。

改めて思うと、やっぱり自分でやってみて「これはいい!」と思うものは
自信を持って勧められます。当たり前かも知れませんが。
このスリットは本当に良かったので、皆さんに勧めてしまいます。

ちなみにガラスの幅は25㎝ほどです。
私の感覚ではこの幅が広すぎると、もちろんより明るくはなるのですが、
野暮ったくなる気がするんです。
もしこのガラスの幅が30㎝だったら、この写真とは全然違う印象になります。

ですので他の現場の写真でもそうなんですが、
絶対にこのようなポイントになる部分の寸法を決めるときは、
自分で現地に行って、現場監督と打ち合わせをして、寸法を決めます

(色を決めるときも必ず現場に行って、現物を見て決めます)

その応用としてこんなタイルの張り方もしてる現場も↓
アザーレ伊丹玄関
ここは気に入ったタイルを壁面のどの位置に、どの位の幅で張るかで難儀しました。
(ここのためだけに3~4回現地に足を運んでます…)
結果としてはちょっと暗くて分かりにくいと思いますが、
奥に見える洗面室のドアの見え方と同じくらいの幅に見えるように設定してます。

少し右にずらしているのは、
後で施主さんが絵を飾ったときにちょっと面白いリズムで見えることを狙ってます。
全面に張ると、それはそれでそれなんですが、
お金もかかりますし、芸がないですし、
別に私が考えなくても貼るだけなら誰でもできますし。
やっぱりこういう工夫をしないといいものできないです。

このガラス工事は価格で言うと材料と工事費で
大体プラス5~10万円くらいです
。費用対効果はかなりあると思います。

それと、これは当時は想定していなかったのですが、
玄関の照明が主寝室に対し、ちょうどいいナイトライトになります。
明るすぎず暗すぎず。点けっぱなしでも子供もすやすや寝てくれる明るさです。

…今日のブログで玄関全般について書こうと思ったのですが、
まさかまさかスリットガラスだけで終わってしまいました。
改めてまとめてみて、やはりこだわりながら造っているということを実感しますし、
自邸で試したことが色んな現場に派生して役に立っているということを感じます


明日明後日は社内行事のためお休み。社内での大運動会です!

★ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。
【2008/09/30 19:27】 | 私の家のリノベーションについて。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家選び、プランニング、仕様選び。
部屋うちの話へ。
数日前にアップしたように、こんな部屋を↓
自邸ビフォー図面

こんな間取りに変更しました。↓
自邸 アフター図面

不動産の決定、プランニング、仕様決めと全般に渡って、
「家に居て居心地がよくって、人を呼んだときに
『おぉすげえ、(外観は古いけど)めっちゃええやん、この家!!』
と言ってもらえる家にする」ということでした。
皆そう言ってもらいたいですよね?

以前も書きましたが、私はそんなに
高額の不動産を買う予定も余裕も必要も無い人なので、
その希望を可能な限り「低予算で」達成したいと
思いました。
相当のお金持ちでない限りそう思いますよね。

その際に不動産屋のプロであろうと一般のお客様であろうと、
やはり問題になるのは「妥協点」です。
ときどきプロが家を買うときには「何か魔法があるんじゃ?」
みたいなことを聞かれますが、全くありません。
情報がワンテンポ早く入ってくるだけで、ほぼ一般のお客様と同じです。

私の妥協点は明確で、
①古くてもいい →震災の被害が少なく、耐震性があれば。
②駅近でなくていい →歩ければ。
③共用施設はいらない→ 
プールや共用キッチンスペースなどは言うに及ばず、
24時間の管理人、オートロック、自動ドア、
できればエレベーターも少ないマンションがいい。
使わなくても全ての施設が管理費・修繕金に跳ね返るので。
といったところです。
「丈夫で長持ちして、風通しと日当りが良い」という住まいの本質だけでOK。

ちなみにまた何かの機会で詳しく書けたらと思いますが、
エレベーターはめちゃめちゃ金喰いなんだそうです。
だいたいどこも1~3ヶ月に一度の点検がありますが、
そんなに要らないそうです。なんでそんなにやっているかと言えば、
保守会社の金儲けのためである、という記事があります。
「マンション管理業務」ももっときっちり見直せば、
日本のマンションはもっと良く、安く住めそうです。余談ですが。

プランニングにおけるポイントは、
①広いリビングダイニング
②明るいキッチン
③広い浴室
④たくさんの収納
⑤できれば和室
⑥将来的に子供ができた場合、
再リフォームして子供部屋を作れるようにしておく。

→そのような気配り・仕掛けをしておくことで、
転売・転貸にも耐えられるようにしておく
といったところです。

↓リビングダイニング全景
自邸のリビングの写真


リノベーションを考えている多くのお客様に当てはまる内容ではないでしょうか?
また、本来はそんな希望を持っているけど、「現実的なライン」を作って妥協し、
普通の中古マンションで落ち着いてしまっている、という話もよく聞きます。
絶対もったいないです!せっかく大枚はたいて家買ってるのに我慢するなんて!

仕様については、何よりもまず
①無垢フローリングを使う
が最優先でした。
②できれば漆喰の壁にする →予算が無く達成できず
③タイルを少々使う

といったところで、そんなにはありません。
ちなみに私が担当で無垢フローリングを使ったのは自分の家が初めてです。
というよりも色んなフローリングメーカーから「無垢材は反るからやめとけ」
とかなり脅され、「実際に自分で使ってみな分からん」ということで入れました。

この経験を含め、自分のお金で自分の家をリノベーションしたことで、
ものすごく色々なことを実体験を元にお話ができるようになりました。
それが何よりの宝
です。

プラン、仕様において、それぞれのパーツでどんなこだわりを持っているのか。
一か所ずつ書いていこうと思います。


★ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。
【2008/09/29 19:10】 | 私の家のリノベーションについて。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。